オプションプレイとは

収入を上げるもう一つの方法がオプションプレイをつけるということです。お店によって異なりますがオプションプレイをした場合自分に全額入ってくるという店も少なくありません。特にデリヘルはこのオプションプレイが多く、これだけで稼げる額がかなり変わってきます。オプションプレイには500円というものから5000円というものまであります。自分が多くのオプションプレイをできるのであればそれだけ稼げる可能性は増えるし、そういったオプションプレイをできるということでお客さんが集まるということもあります。

ではデリヘルのオプションプレイにはどんなものがあるでしょうか。デリヘル店によって異なりますが、これは店というよりは女の子によってオプションプレイがあると考えた方がいいでしょう。よく見られるオプションプレイがオナニー見せ、パンスト破り、ごっくんプレイ、顔射プレイ、放尿プレイ、アナルプレイなどです。過激なプレイになればなるほど料金が高くなります。料金は店によって異なってくるのでデリヘル店を探すさい、オプション料金にも目を通すといいかもしれませんよ!

このオプションプレイできないからデリヘル嬢になれないかな?と心配する女性もいるかもしれません。しかしオプションプレイは全てできなくてもいいのです。むしろ全てのオプションプレイをできるデリヘル嬢なんてほとんどいません。自分ができるプレイ、特に苦にならないプレイを行い稼ぐのがベストです。パンティお持ち帰りや唾液お持ち帰りなんていうプレイもあるのでちょっとはいてその下着をあげるだけで、唾をあげるだけで稼ぐ事ができるかもしれませんよ。

風俗で稼ぐためには

風俗で稼ぐ方法として挙げられるのが固定客を作るということです。お客様から気に入られたら次の指名をいただくことができ、その指名料が自分に入ってくるからです。指名をもらうために男性をテクニックで喜ばせたり、サービスで喜ばせたりと四苦八苦することでしょう。ここでデリヘル嬢がやってしまいがちなのが違法行為をしてしまうということです。本番行為をしたら指名がもらえる、そうすればお金が入る。そう思っている風俗嬢は多いのです。特にデリヘル嬢に多いです。

なぜデリヘル嬢が違法行為に走るのかというとそういう環境にあるからです。ソープやピンサロ、店舗型ヘルスは店で性的サービスを行っています。それに対してデリヘルはスタッフの目が届かないホテルや相手の自宅でプレイをします。そういった状況下だとデリヘル嬢自体が「私が我慢すればいいことだし」と思ったり、「これで指名がもらえるなら」と思ってしまうのです。さらにそれだけでなく男性客も強引に本番行為をしてくれとせがむケースが多いのです。

本番行為をしたとしても男性客が固定客になることはほとんどありません。むしろそこで最後までできてしまったら「また会いにこよう」という心理損なわれることの方が多いです。固定客を作りたいのであればテクニックを磨くのが一番なのです。楽をして稼ごうとせず地道にといったところですかね。

風俗求人収入の件

風俗で働こうと思っている人が一番気にすることと言ったら収入ではないでしょうか。風俗を本業にする人はもちろんのこと副業で風俗嬢になるという人は高収入だと思ってその世界に飛び込む事が多いでしょう。恐らくほとんどの風俗嬢になろうとしている女性が風俗求人をまず見ると思うのですが、そこに書いてある収入を鵜呑みにしてはいけません。

特に店舗で働くソープやピンサロと違ってデリヘルの場合自分から相手のいる場所に行かなければいけないのです。そうした際にその時間分の給与が払わられる店と払われない店は別れてきます。言い換えると拘束時間が給与に含まれているかということです。デリヘル店では歩合制のお店も少なくありません。そんな店が日給35000円〜なんて表示するのはお門違いです。卑劣なデリヘル店になってくると求人広告に乗せている収入は全く信憑性のないもので女性が出るところに出れないのをいいことに大きなことばかり言っているというケースも少なくないのです。

求人広告を見る時は、最低日給保証制度があるか?ノルマや罰金制度があるのか?給料のバック率はどのくらいなのか?天引き等が発生するのか?など、細かいところまでしっかりとチェックすることが大切です。曖昧のまま入店してしまい、損をしながら働くなんてもってのほかです。求人情報の記載内容が曖昧のときは直接電話をして確認するようにしましょう。

関連リンク-梅田店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】
→→→給料や待遇についてしっかりと掲載されている風俗求人情報です。

とはいえほとんどのデリヘル店はクリーンです。特に最近はコンポライアンスを重視しているデリヘル店も多く、約束事はきっちり守るということが多いのです。そして風俗は明らかに他の業種に比べて高収入なので高収入かどうかという質問に対してはイエスと答えられます。しかし一日に働ける時間が短いため最初のうちは自分が思ったより稼げていないという人の方が多いのは事実です。まずは求人広告等の収入は鵜呑みにせず、どれだけ働いたらどのくらいの収入を得られるのかというのを確認した方がいいですよ。