風俗求人収入の件

風俗で働こうと思っている人が一番気にすることと言ったら収入ではないでしょうか。風俗を本業にする人はもちろんのこと副業で風俗嬢になるという人は高収入だと思ってその世界に飛び込む事が多いでしょう。恐らくほとんどの風俗嬢になろうとしている女性が風俗求人をまず見ると思うのですが、そこに書いてある収入を鵜呑みにしてはいけません。

特に店舗で働くソープやピンサロと違ってデリヘルの場合自分から相手のいる場所に行かなければいけないのです。そうした際にその時間分の給与が払わられる店と払われない店は別れてきます。言い換えると拘束時間が給与に含まれているかということです。デリヘル店では歩合制のお店も少なくありません。そんな店が日給35000円〜なんて表示するのはお門違いです。卑劣なデリヘル店になってくると求人広告に乗せている収入は全く信憑性のないもので女性が出るところに出れないのをいいことに大きなことばかり言っているというケースも少なくないのです。

求人広告を見る時は、最低日給保証制度があるか?ノルマや罰金制度があるのか?給料のバック率はどのくらいなのか?天引き等が発生するのか?など、細かいところまでしっかりとチェックすることが大切です。曖昧のまま入店してしまい、損をしながら働くなんてもってのほかです。求人情報の記載内容が曖昧のときは直接電話をして確認するようにしましょう。

関連リンク-梅田店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】
→→→給料や待遇についてしっかりと掲載されている風俗求人情報です。

とはいえほとんどのデリヘル店はクリーンです。特に最近はコンポライアンスを重視しているデリヘル店も多く、約束事はきっちり守るということが多いのです。そして風俗は明らかに他の業種に比べて高収入なので高収入かどうかという質問に対してはイエスと答えられます。しかし一日に働ける時間が短いため最初のうちは自分が思ったより稼げていないという人の方が多いのは事実です。まずは求人広告等の収入は鵜呑みにせず、どれだけ働いたらどのくらいの収入を得られるのかというのを確認した方がいいですよ。